海外旅行で人生をもっと豊かに!人生で1度は行きたいおススメ観光スポットをご紹介

憧れのヨーロッパでモダンな旅を

西洋建築と街の風景を味わってみましょう

ヨーロッパと言えば、日本にはない造りと雰囲気を持つ西洋建築が特徴的です。
遥か昔に建てられた荘厳な教会から、絵本から飛び出してきたようなカラフルな建物が立ち並ぶ街まで、様々な建築物があります。
中でも、スペインの「サグラダファミリア」は有名建築家のガウディが1833年から建築を手がけ、ガウディが亡くなった今でも工事が進められている未完成の教会です。
教会の外観には細かな彫刻が全面に施されており、圧巻の風景である一方、協会内は白を基調とした優しい雰囲気と、各所にある色とりどりのステンドグラスが教会内を明るく照らしています。
1年中観光客の多い人気スポットではありますが、日本では決して見ることのできない壮大で心打たれる建築物であり、一生に一度は見ておきたい場所と言えます。


世界遺産保有数ナンバーワンの国・イタリア

イタリアには数々の歴史的建造物や、青い海とかわいらしい家々が立ち並ぶ街並みなど、どこを取っても絵になるような風景で溢れています。
水の都とも呼ばれる有名な「ベネチア」は1000年以上もの歴史があり、特徴的な石造りの建物が立ち並ぶ中を細い水路が通っていて、そこを観光客や住人を乗せたゴンドラや船が常に行き交うにぎやかな街です。

また、観光スポットの多いローマでは、映画「ローマの休日」で舞台となったスペイン広場をはじめ、かつて闘技場として使われていたコロッセオや真実の口、トレビの泉など誰もが一度は聞いたことのある名所が多くあります。
中でもお勧めなのが、ローマ北西部に位置する「バチカン市国」です。
世界で最も小さな国として有名ですが、その小さな国内にはカトリック総本山となるサン・ピエトロ大聖堂や美術館など、見ごたえのある場所となっています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る